日本人ってクレジットカード所持者が少ないって本当?

現在では、多くの人達がクレカを持っていると思うのですが、皆さんは何枚持っているのでしょうか?
一枚だけで十分だと思っている人もいれば、3枚くらい持ち歩いている人までいます。クレジットカードは一人何枚までしか持つことが出来ないという決まりが無いため、自由になっています。しかし、あまりにも申し込みすぎると返済能力の有無が問われ、審査に落ちてしまう事もあります。クレジットカードに関するデータが集計されており、日本は最もクレカを持っているという結果が出ています。アメリカや韓国は2.5~2.7枚という結果に対し、日本は2.9枚。多くの人達がクレジットカードを所持していることが分かります。安定した収入を得ている人というのが最低条件となっているため、申込しやすいというメリットがあります。学生専用クレカなどもありますから、日本が最も発行数が多く申し込み者も多くなっているのかもしれませんね。


●クレジットカードの利用率が低い!

日本人が最もクレカを発行しているにもかかわらず、実はその利用率が低くなっています。
こんなにも多くのクレジットカードを発行しているのに利用率が低くなっているのは、現金払いをする人が多いからです。アメリカや韓国では利用率が50%を超えているのに、日本はたったの18%。クレジットカードを一番多く持っているのに現金支払いする傾向が強いため、利用率が低くなっているのです。クレカを持ち歩いているけれど高確率で現金支払いしてしまう傾向にあるのです。「クレカを持っていない人」が多いのではなく「クレカを持っているのに使っていない人」が多いのです。やはり、普段の決済では現金支払いを行ない、いざという時にカードを利用するという人が多いようです。せっかく持ち歩いているのであれば、使った方がお得だと思います。使う事でポイントを貯めることも出来ますし、いざという時以外に使うのもおすすめです。


●何故カードを利用しない?

どうしてカードを持ち歩いているのに利用しないのか、それは日本の治安が良いからです。
海外では犯罪が多発しているため、現金を持ち歩くという人は非常に少なくクレジットカードに頼っているそうです。盗まれてしまっても速やかに利用停止すれば問題ありませんし、防犯上優秀という点も評価されています。一方、日本では窃盗などの事件が少ないため、治安が良いと言えます。そのため、現金を持ち歩くことが出来るというわけです。手元に現金がある場合はクレジットカードを利用する必要がないので、その結果現金支払いするという形になるのだとか。「後払い」とか「借金」に抵抗感があるという事もあって、クレジットカードでの決済をなかなかしないとも言われています。マイナスイメージから入ってしまう日本人がゆえに、現金支払いを優先してしまうのでしょう。
そして、意外にクレカについて何も知らずに発行している人も多く、そのため使い方が分からず持っているだけ、という人もいるみたいですよ。

クレジットカードを持ちすぎる危険性

クレジットカードにも様々な種類があり、利用目的別に複数のカードを使い分けることで確かにポイントをコツコツと貯めていくことができる。
しかし、複数のカードを使い分けることは買い物上手に見えていても、その行為は大きな危険を孕んでいることにあなたは気づいているだろうか?


●クレジットカードの使用履歴は残る

ご存知の方はいらっしゃるかもしれないが、クレジットカードを使った履歴は残る。
どこに残されるのかというと、信用情報機関(CIC)と呼ばれる第三者機関だ。
第三者機関なので、すべてのカード会社にあなたの情報は筒抜けとなる。
短期間に何社も申し込みをしたりカードを持ちすぎていたりすると、カード会社には警戒されてしまうだろう。


●現金払いが絶対に良いとは限らない

クレジットカードの分割払いやリボ払いのことを考えると、一括払いができる現金払いがおすすめできるように見えるが、そうとも限らない。
前述したようにカードの使用履歴はCICに残るため、カードを正しく使用できていればそれが信用できる前例となる。
30代以上になってカードの使用履歴がまったくないというのは珍しく、金融機関からはカードを作れない理由があるのではないか、と疑われる要因になるのである。

クレジットカードは沢山持つ

何を言うのかと思われる方もいらっしゃると思うが、クレジットカードは利用目的別に沢山持つ方がお得になる。普段使っているポイントカード、実はクレジット機能をつけた方が色々な特典を得られるということをご存知だろうか。今回は利用目的に合わせたカードの特典について紹介したい。


CDやDVDを借りながら、映画割引を手に入れるクレジットカード

普段CDやDVDを借りる際、ポイントカードを使っていると思う。そのカードをクレジットカードに変更すると、なんと映画を割引価格で見ることが出来るのである。ポイントカードにもポイントが貯まるが、クレジットカードにもポイントが貯まるので倍お得になる。クレジットカードで支払うことにより、レンタル料も割引になるので、DVDやCDを良く借りる方にはうってつけである。


コンビニやデパートで割引になるクレジットカード

いつも会社の昼休みにコンビニ弁当を食べている方にもおすすめのこのクレジットカード。よく利用するコンビニのポイントカードをクレジットカードにしてそのカードで買い物をするだけで、会員限定割引などを受けることが出来る。ポイントが貯まれば商品の割引や試供品との交換も可能なので、昼食を豪華にすることも出来るのである。デパートのポイントカードもクレジット機能をつけて支払いをすれば、商品が割引になり、現金還元することも出来る。

今は年会費や手数料が無料ですぐに発行出来るクレジットカードがあるため、このような複数使いも可能になっている。沢山利用する店のポイントカードをクレジットカードにすることで、いつもよりお得なサービスや割引を受けられる。利用目的に沿って作るため、運用もしやすいのでおすすめである。普段よく利用するお店でクレジットカードを用意しているか、是非調べて頂きたい。

[参考]おすすめのクレジットカード・・・・数多くあるクレジットカードの中からおすすめのカードをランキングで紹介しているサイト

クレジットカードのポイントを貯める方法

欲しい景品があっても、ポイントがうまく貯まらなければ手に入れることは出来ない。うまくクレジットカードのポイントを貯めて欲しいものを手に入れるためにおすすめの、ちょっとしたポイントの貯め方について紹介したい。


毎月の出費をクレジットカードで対応する

毎月必ず出て行くお金を見てみよう。それは電気・ガス・水道などの公共料金である。実は公共料金はクレジットカードでの支払いが可能である。毎月必ず少なくない金額を払い続けているのだから、この際クレジットカードにしてポイントを貯める方がよっぽど利口である。家賃もクレジットカードで引き落とすところが多いので、この機会に公共料金をクレジットカード払いに切り替えることをおすすめする。


家族みんなで協力して貯める

クレジットカードには、家族カードという種類がある。会員本人が学生でなければ、その家族に家族カードを発行し、会員が持つカードと同様にクレジット機能を使えるカードである。夫がカードを持っていて家族カードとして妻と18歳以上であるお子さんを登録すれば、妻とお子さん用の家族カードが発行される。要するに、夫のカードを皆で使うが、カードは人数分あるということになる。年会費も1名では無料のところもあり、家族皆でポイントを貯めることが出来ておすすめだ。

クレジットカードというとあまり使い方が限定されるイメージがあるが、実に様々な使い方をすることが出来る魅力を持っている。景品として旅行を用意している会社もあるので、皆で家族旅行を目指してみるのも良い。

クレジットカードの景品について

様々な選び方があるクレジットカードだが、欲しい景品があるからという理由で選ぶのも一つの手である。現在は多種多様な景品が用意されており、買い物をしているだけで勝手に欲しいものが手に入ってしまうという利点がある。そこでどのような景品があるのか、おすすめの景品についてご紹介したい。


家電製品をクレジットカードのポイントで手に入れる

実際に景品カタログを目にしてみると、本当に交換していいのか困る景品が出てくる。特におすすめは家電製品関連である。扇風機や体重計、空気清浄機まで交換することが出来る。クレジットカードでポイントを貯めながら欲しい家電を手に入れて、お得な生活をして頂きたい。


金券やグルメカタログで、プレゼントにする

実はクレジットカードのポイントは現金にすることも出来るし、金券にすることも可能である。グルメカタログとは、色々な種類の美味しそうな食品や普段行けないような高級レストランの写真が載っており、申込みハガキに欲しいものを書いて送ると、後日商品として注文した食品やレストランのお食事券が届くというものだ。お食事券やグルメ商品はプレゼントとしても人気であるため、友人へのプレゼントとしても利用出来る。

たかがクレジットカードのポイントだと侮ってはいけない。実はとても利用出来るものが景品として用意されているのである。会社によって景品が異なるため、自分が欲しい景品があるクレジット会社を選ぶのも、おすすめである。

海外旅行の際に使いたいクレジットカード

身近なハワイや台湾などには日帰りでも行くことが出来るようになった現在。海外旅行が趣味であるという方も少なくないと思う。そこで今回は、海外旅行によく行く方におすすめしたいクレジットカードの機能について紹介しよう。


海外保険付きのクレジットカード

海外利用向けのクレジットカードのサービスには、海外保険がついている。これはカードを発行する際に入る保険であり、会社によって有料か無料かは異なる。しかし現地で病気になったり事故に巻き込まれたりした時には保障額分のお金が手に入るため、とてもおすすめである。


その国の通貨がなくてもクレジットカードで安心

現金が無くなった場合におすすめなのが、クレジットカードのキャッシング機能である。キャッシング機能とは現金を引き出すことが出来る仕組みで、利用限度額までなら何度でも引き出すことが出来る。海外で一番便利なのはこの機能かもしれない。キャッシングするとその国の通貨で現金が引き出せるので、わざわざ両替する必要がない。日本円を現地のお金に両替した後に使わず、再度日本円に戻した際に損をするということもない。必要な時に必要な分だけ引き出すことが出来る。

クレジットカードには意外と知られていない機能が沢山存在する。自分の趣味に合わせてカードを作ることによって、より趣味を楽しむことが出来るのである。海外に行く頻度が高い方は、この機会に是非チェックしてみて頂きたい。

クレジットカードを作る前に

クレジットカードは何かと便利である。今はどこでもクレジットの決済をすることが出来るので、様々なシーンでクレジットカードが役に立つ。しかし使い方を間違えると、クレジットカードが自分の生活を押しつぶしてしまうことにもなるのである。カードを作る前に考えておきたいことと、おすすめの選び方について紹介しよう。


クレジットカードを持つ理由を決める

クレジットカードを持つ理由の一つとしては、いざという時のための保険があげられる。旅行先などで持ち合わせがない場合、お金がありませんと支払いをツケにすることは絶対に出来ない。そういう時に便利なのが、クレジットカードの決済である。現金がなくても支払いを済ませることが出来るので、外出先でビクビクすることもない。次にあげられるのがちょっとしたポイントカード替わりに使う方法である。買い物をするだけでポイントが貯まるため、還元率の良いクレジットカードを持てば逆に利益を生むことが出来る。単なる興味本位で作ってもし年会費があるカードを選んでいたら、それこそ金をドブに捨てることになる。


目的に合わせたクレジットカードを選ぶ

いざという時にしか使わないという目的でクレジットカードを選ぶのであれば、年会費が無料であるカードがおすすめである。使わないのに年会費だけ払っていては、損をするだけだからだ。ポイントカードとして使いたい場合は、良く使うデパートのクレジットカードを持つと良い。そのデパートに入っている店舗であれば、ほぼ全ての店舗でポイントを貯めることが出来る。

自分がどのような目的でクレジットカードを持つのかを考えることで、必然とその用途に合ったクレジットカードが見えてくる。おすすめだというインターネット上の広告だけを鵜呑みにせず、しっかり自分に合ったクレジットカードを見つけて欲しい。